読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

カタコトの日本語でよく中国人に間違えられます。純日本人です。食べるの大好き。

 

春から専門学校に入学した。

 

社会人から学生に戻るということで

友達が出来るかどうかが一番の不安だったが一応出来た。

 

けど、やっぱりどこに行っても人間関係は難しい。

 

私は自分が好きな自分でいられるように努力をしようと決意した去年の秋から、等身大の自分でいられるように努力してきたが、それが必ずしも他人にとっても良いこととは限らないようだ。

 

例えば、課題が多くて大変~この先やっていけるかな~って不安とかを吐露することで私は頑張ろうってなるタイプなんだけど(人に話すことでスッキリして頑張れる。)

いつも一緒にいる人に、そうやって不安なこととか嫌なことを考えてる時間が凄くもったいないよってポジティブにいきなよってバッサリ言われてしまった。

確かに人に話してスッキリしてるって私の心のなかを知らない人からしたら、うざいかもな~と思った。こちらの配慮が足りないというか、なんでもかんでも言うのは歯止めが効かない子供と同じだなと反省した。けどただ愚痴を言ってるみたく言われたのは不快だった。

 

私は今まで気が強いわりに、人の目を気にして意見を言えなくて、そんな自分が嫌だったし凄くストレスになってた。

だからハッキリ自分の思ったことを言うようにした。

これをするようにした、確かにストレスはたまらなくなったけど、自分の思ったことをただ言うだけなのと、人に思ったことを伝えるのは違うなって思った。

そこの意味を履き違えてたから今回の指摘をされたと思うし、嫌な思いはしたけど、向こうも聞いていてそうだったんだろうなって思ったし、私が直すべきだと思った。

気付かせてくれたことに感謝しなきゃいけないし、なんでも言うのは災いの元だし、いい機会だから思いを伝えられるように変えていけたらいいと思う。

 

まずは悪口だとかネガティブなことは言わない!親友にだけ聞いてもらって学校では一切言わないようにする!

 

3年間、大変なこともたくさんあると思うけど、今が頑張り時だから頑張ろうと思います。

無理せずがんばれ私!